ルテインを含む野菜をメインにサプリで補う

ルテインはサプリメントでなく野菜でも摂れますので、バランスの良い食生活が重要です。

ルテインは食事とサプリから摂取

目に良いといわれる栄養成分にはさまざまなものがありますが、「ルテイン」もその中の一つです。ルテインは、強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ホウレンソウや芽キャベツ、キャベツ、インゲン、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。
なぜ目の健康を保つのに良い働きをするかというと、目はカラダの中でも特に活性酸素の悪影響を受けやすいパーツで、まぶたを開いていると、必ず色々な光が入ってきます。入ってくる紫外線や可視光線などの強い光は、網膜にとっては有害なものです。網膜が光によるダメージを受けないためにも、保護成分として強い抗酸化作用を持つルテインが必要になります。
また、物をみる時に光は角膜、前房、水晶体、硝子体を通り、網膜黄斑部で光を感じていますが、特に水晶体と網膜黄斑部に存在するカロテノイドがルテインとゼアキサンチンであるので、これらのパーツが正常に機能するためにも非常に大切な働きを果たしているのです。
不足してくると白内障や加齢黄斑変性症といった眼病発症リスクが高まりますので、目の健康のために毎日の食生活にたっぷりと緑黄色野菜を取り入れたり、足りない分をサプリメントなどで補うようにすると良いでしょう。

基本は食事から摂りたいルテイン

健康維持というのは小さな積み重ねが重要です。
それは食生活、睡眠なども含め、生活習慣によって大きく違いが出てくることでしょう。
例えば、ほうれん草はルテインが含まれる野菜の代表的なものですが、含まれる栄養成分はルテインだけではありません。ビタミンなどもそうですし、様々な栄養成分を摂ることが出来るのです。
それは他の野菜でも同様で、1種類だけの栄養が摂れるものなどないでしょう。
そしてそれらはどれも必要なものだったりしますから、少しずつ積み重ねることにより健康な体が生まれるのだと思います。
しかし、食事から摂りやすい成分、摂りにくい成分があることは間違いありません。
ルテインの場合、ほうれん草であっても、摂れるルテインはわずかです。そのため、サプリメントで補うという発想になるわけですが、サプリで補うから食事から野菜を摂らなくてもいいと考えないほうが良いです。
あくまでベースは食生活であり、サプリは不足分を補うことを意識することが大事です。
では、自分がどれくらい栄養成分が不足しているか把握できているかというとそう簡単なものではありません。
いくら調べてもそれは分からないでしょう。同じほうれん草であっても、産地や季節によって含まれる栄養成分が違うでしょうからね。
いずれにしましても、バランスの良い食事、豊富な食材を用いた食生活、まずはそこを意識する。
そして、不足しがちであろうルテインなどの成分はサプリで補う。
特に目に不安がある人はブルーベリーではなく、ルテインのほうがおすすめです。