ルテインサプリで緑内障に効果があるのでしょうか?

果たして緑内障にまでもルテインサプリで効果があるのでしょうか。改善は無理でも予防の可能性はあると考えます。

緑内障とはどういう症状でしょうか?

緑内障は、眼圧が上がることなどを原因として視神経がダメージを受け、自覚症状のないままに視野が欠けていく病気です。
自覚症状がないために、自分で異変を感じたときには症状がかなり進行していることが多いといわれています。国内では視覚障害の原因となる疾患の1位にあげられており、40歳以上の20人に1人は緑内障であるとされるほど、患者数の多い病気です。
しかし、日常生活で不具合を感じる人が少ないため、緑内障患者のうち8割ほどは通院していない状態にあるとされ、患者数も年々増加の傾向にあります。
最近では、パソコンやスマートフォンなど、目に負担のかかる環境に置かれている人が多くみられ、継続的な目の健康管理に関心を寄せる人が増えてきています。こうしたことから、目の健康維持に役立つサプリメントが次々と開発・販売されるようになりました。なかでも、植物や野菜に含まれている「ルテイン」のサプリメントは、抗酸化作用が高いので、紫外線などのダメージを和らげる効果が期待できるとされています。

 

ルティンは不足しがちな栄養素とされていますので、ルテインのサプリメントを習慣的に摂取することで、目の健康を維持する効果が期待できます。

ルテインサプリメントでは緑内障を改善するとは聞いたことない


私が聞いた話でのことではありますが、ルテインが黄斑変性症の予防になるとは言われていますが、緑内障についての効果は聞いたことがありません。
そういうデータがないというだけで、実際は予防になっているのかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。
特定の疾患に効果があるというより、目の健康を維持するためのものと考えたほうが無難かもしれません。
というのは、効果を期待するあまり、変化が見られないと、それがかえってストレスになりえるからです。
期待と現実のギャップがストレスになるとはよく言ったものですね。
ルテインサプリメントと緑内障のブログ