ルテインと白内障

水晶体が白く濁ってしまう白内障にルテインは効果があるのでしょうか。

白内障の症状とは?

白内障の症状としては、

  • ものがかすむ、ぼやける
  • 二重三重にみえる
  • 光がまぶしく感じる

などが挙げられます。
初期の段階ではこういった症状を感じられないこともありえます。
白内障の症状と原因について

白内障の原因について

白内障の原因は加齢によるものがほとんどでで、加齢性白内障とも呼ばれています。
アトピーや糖尿病などの合併症のケースもあります。
カメラでいうところのレンズ部分の役割を担う水晶体が濁ってくるのですが、その原因はまだはっきりしていないようです。
水晶体は水分とタンパク質と塩分でできていますが、たんぱく質が白く濁ってくるんですね。
年齢でいうと、40代以降、年齢とともに、次第に水晶体が濁ってきますが、個人差はあります。
80代にもなると、ほとんどの人に白内障の症状はあると言われています。
手術が必要かどうかも個人差があるでしょう。

白内障の検査について

自分の目に異常を感じてからより、やはり40代以降は定期的に目の検査を受けるのも大事なことでしょう。
白内障に関する検査にはこのようなものがあります。

眼底検査
眼底部分、網膜や血管や黄斑部などを調べます。見えにくいのは、白内障が原因かは分かりませんので、目のいろんな部分を調べます。
細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査
難しい読み方ですね。顕微鏡で目を調べます。

いずれにしても早期発見が大切です。
症状を感じてからよりも、まずは、自分の体がどういう状態なのか、これは目に限ったことではありませんが、まずは現状を知ることが大切なのではないでしょうか。

白内障に対するルテインの効果

ルテインやゼアキサンチンは水晶体や黄斑部などに存在します。
海外の研究をみると、ルテインとゼアキサンチンの摂取量により白内障のリスク、予防に関係があると書かれているものもあります。
改善する効果は分かりませんが、予防的観点から考えると、ルテインサプリメントは40代以降、白内障や加齢黄斑変性症の予防に効果があると思いますがいかがでしょうか。

 

ルテインの効果についてよく言われるのが、白内障と加齢黄斑変性症ですが、ルテインが存在する部位であり、そのルテインが不足するのを防ぐ、補うことは重要だと思われます。
ルテインサプリを飲むことで、劇的に症状が改善することはないかもしれませんが、やはり不足しているより、きちんと補っているほうが予防のためにも良いのではないでしょうか。
口コミサイトでは、サプリは気休め、効果がないという声もあります。
確かに怪しいものもありますが、単純に食事に補いきれない成分をサプリで補うと考えると、役立つ部分も多いと思います。