スマホ生活にルテインサプリメント

スマホをしていると眼が疲れやすいと思います。ルテインサプリメントで少しは目のことを労わってあげるのもいいと思います。

ルテインで予防したいスマホ生活による目の疲れ

最近では、スマホ無しで生活が出来ないという方が増えています。
友達とスマホでメールをしたり、ゲームをしたりして、片時も放せない方が多くいます。長時間にわたってスマホを使うと小さい画面の文字を見続けることになるので、目の大きな負担になります。ドライアイが酷くなったり、近くを見続けることでピントを合わせる機能に不具合が生じて、斜視などの原因にもなります。
このようなことを防ぐには、食事でルテインを積極的に取ることが大事です。
これは、緑黄色野菜に多く含まれているカロテノイドのようなものです。なぜルテインが良いかというと、そもそも携帯を利用している時は、目に色々な光が入ってきます。この光の青色光と紫外線が、目に疲れをもたらす活性酸素を発生させます。ルテインは強力な抗酸化力を発揮して、目から活性酸素の害にさらされる事を防いでくれるのです。
ルテインを摂取する場合は、1日に6mgから12mg程度をとると効果があるといわれています。

 

緑黄野菜から摂取する時には、注意点があります。それは、緑黄色野菜は植物油やバターで炒めて摂った方が良いということです。なぜなら、脂肪性の成分であるため、油で炒めた方が効果的に摂取できるからです。上記のことを参考にして、目を守ると良いです。

 

成分には水溶性や脂溶性といったものがあるようで、その摂りかたによって体内に吸収される栄養成分に違いが出るということなのでしょう。
しかし、そこまで意識して料理をすることは簡単なことではありません。

野菜ではなくサプリからルテインを摂る考え

賛否あるサプリです。サプリ自体を否定する声も確かにありますし、人それぞれの考え方ですから、どれが正解というものはないと思います。
ただ、食事だけで栄養を補うのは難しいと思っているならサプリで補助するのは一つの方法だと思います。
野菜に含まれる栄養成分も、年々変化してきているようですし、ルテインの場合は、目に存在する成分として非常に分かりやすいと思います。
先ほど、ルテインは6mgから12mgを摂ると良いと言われていると書きましたが、これはあくまで一つの説であり、もう少し多い20mg以上という話も聞きます。
これも具体的にどの量がベストかというのは分かりませんが、実はそこも食事との兼ね合いがあると思っています。

 

私としては、サプリが効果や効能を表記できないのは分かりますが、せめて、どういう研究をされていて、現時点ではどういう効果があると考えられているか、客観的、科学的なデータがあると嬉しいんですけどね。

関連ページ

ルテインの加齢黄斑変性症への効果
ルテインに効果があると言われているものに加齢黄斑変性症という疾患があります。最悪の場合失明に繋がることもありえるそうです。
ルテインとほうれん草を比べるのはどうなの
確かにホウレン草にはルテインが含まれているようですが、だからといって、あたかもホウレン草よりルテインサプリのほうが優れているような書き方には疑問を感じます。
目の健康にルテインや栄養バランスを
目の健康もそうですが、健康維持には栄養バランスが大事です。ルテインはあくまでその一つに過ぎません。
ルテインサプリメントで人気のおすすめで評判なのは?
ルテインサプリメントは価格もチェックしますが、やはり人気があってみんながおすすめしてる評判のが欲しくなります。
目を酷使する生活とルテインサプリメント
目を酷使してるので負担は増えるばかりですが、そこにルテインサプリメントで目の状態を改善したいと思っています。