目の健康とルテインと栄養

目の健康もそうですが、健康維持には栄養バランスが大事です。ルテインはあくまでその一つに過ぎません。

目に必要な栄養について

目の健康には様々な栄養が必要です。
ビタミン、ミネラル、カルシウムなど様々な栄養素がありますが、食生活を見直しながら、バランスのよい栄養を摂りたいところです。

ビタミンA
目にとっても大切な栄養素であり、網膜や角膜とも関係しています。
ビタミンB1
目の疲れとも関係していると言われます。
ビタミンB12
目の粘膜組織と関係があります。

これら以外にも、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなども目の健康にかかわってきます。
しかしこれらを意識することは大切ですが、今日自分はどの栄養素をどれだけ摂取できたかを知ることは容易ではありません。
食生活の中で、どういった食材にはどういう栄養素が豊富に含まれているかを知り、積極的にそういった食材を用いることも大切ではないかと思います。

目の健康を考えた食べ物について

サプリにもよく配合されているブルーベリー。食べ物としてはブルーベリーもよく見かけますが、サプリに入っているのはビルベリーのようですね。
アントシアニンを豊富に含むということで、目の健康に良さそうですが、実際のところどうなのでしょうか。
ロドプシンという言葉をよく見かけますが、まだ詳しく理解できてないのでまたにします。

 

ビタミンAを摂るならニンジンもおすすめです。
ベータカロテンが体内でビタミンAに変わるんですね。
次はレチノールというビタミンAのひとつが含まれるレバーです。
同じくビタミンAが摂れる2つですが、大きな違いがあります。
ニンジンは体内で変換されるベータカロテンが豊富なのに対して、レバーはビタミンAそのものです。
またレバーにはビタミンB12、ビタミン2、鉄なども含まれますので、栄養価の高い食べ物ですね。
牛、豚、鶏のそれぞれのレバーによって栄養価が異なります。
また、過剰摂取にも気をつけたいところです。
脂溶性のものは、体内で蓄積されますので、摂りすぎると、逆効果になることもありえます。
コレステロールも高いため、摂りすぎには注意が必要です。

ルテインも含まれるホウレン草がおすすめ

目の健康に良いものが多い緑黄色野菜ですが、やはりおすすめは「ほうれん草」です。
ルテイン自体は、サプリメントで摂ることと比べるとかなり少ないですが、それでも他の栄養素が魅力です。
鉄分、ベータカロテン、カルシウム、ビタミンCなどが入っています。
含有量は、産地や時期にも異なるでしょうが、バランスよく摂れるのがいいですね。

 

ルテインが含まれる食品としても、ほうれん草は有名です。
工夫しながら、料理できるようがんばってみようと思います。
ルテインとほうれん草はよく紹介されていますね。

関連ページ

ルテインの加齢黄斑変性症への効果
ルテインに効果があると言われているものに加齢黄斑変性症という疾患があります。最悪の場合失明に繋がることもありえるそうです。
ルテインとほうれん草を比べるのはどうなの
確かにホウレン草にはルテインが含まれているようですが、だからといって、あたかもホウレン草よりルテインサプリのほうが優れているような書き方には疑問を感じます。
スマホ生活にルテインサプリメント
スマホをしていると眼が疲れやすいと思います。ルテインサプリメントで少しは目のことを労わってあげるのもいいと思います。
ルテインサプリメントで人気のおすすめで評判なのは?
ルテインサプリメントは価格もチェックしますが、やはり人気があってみんながおすすめしてる評判のが欲しくなります。
目を酷使する生活とルテインサプリメント
目を酷使してるので負担は増えるばかりですが、そこにルテインサプリメントで目の状態を改善したいと思っています。