40歳以降のルテインの蓄積と消費

人は必ず老化します。具体的に何歳からというのは個人差がありますが、40歳あたりを一つの目安と考え、ルテインを積極的に食事なりサプリメントなりで摂りたいものです。

ルテインは体内で作られる?作られない?

私が知る限りでは、ルテインは体内では合成されないと認識しておりました。ところが、人によっては、体内で作られるという人もいます。一体どちらが正しいのでしょうか。
どちらの情報源も、メーカーなり眼科医なりそれなりに信用ができるものです。
私が知った時点での情報が古くなっている可能性もありますので、現時点では、どちらが正解かを判断することができません。

 

しかし一つ言えることは、年齢とともに、体内のルテインは減少する傾向にあるということです。
これはルテインに限ったことではなく、他の成分、コラーゲンなどもそうですが、同様のことが言えるのではないでしょうか。

 

おおよそですが、40歳あたりを境に、ルテインは減る一方といわれているようです。
ということは、あとはいかに、その後の人生において、ルテインを摂取できるかで目の健康状態に影響が出ると考えられます。
黄斑変性症にかかるのは中高年になってからというのもルテインが関係しているのでしょう。

ルテインはサプリより食事から摂取を目指す

ルテインサプリメントによる目の疾患の予防を目指すことを否定するわけではありませんが、理想としての優先順位はやはり食事からいかに積極的にルテインを摂るかということです。
特別な食材にしか含まれていない成分ではありませんので、よく目にする食品でどんどんルテインを摂りたいものです。
日本人の場合は緑黄色野菜に豊富に含まれており、ほうれん草やブロッコリー、芽キャベツなどです。
ただ、サプリメントでルテインを摂る場合と比べると少量になることは否定できません。
でも摂らないよりはいいですし、ほうれん草にはルテイン以外のビタミン類なども摂れることになりますから、サプリの量と比べるのはナンセンスです。
ルテインが含まれるホウレンソウ
ルテインサプリの宣伝で、この1粒でサラダボール何杯分のルテインを摂れるとか書かれていることがありますが、ではほうれん草を食べた場合、どのくらい他の栄養素が含まれているかを書いていないのはちょっとずるいですよね。